お金のこと

【2019】大和ハウスの坪単価&実際にかかる費用まとめ!値引き率も必見

投稿日:

 

きっとみなさんも大和ハウスという名前を、一度は聞いたことがあると思います。

 

 

業界での歴史も長く、マイホームを考える際の候補に挙がることも、あるのではないでしょうか?

 

 

でも、業界トップレベルの住宅会社なので、坪単価や価格もトップレベルなのでは?と思ってしまいますよね。

 

 

ここでは、大和ハウスの

・坪単価

・実際にかかる費用

・値引きはできるか

などご紹介しますので、マイホームを検討される際の参考にして下さいね♪

【2019】大和ハウスの坪単価

 

大和ハウスの商品ラインナップは多数ありますが、坪単価の平均は規格住宅が約55~65万円、注文住宅が約70~85万円です。

 

 

注文住宅は自由設計を掲げており、商品や内容、オプションなどによって、坪単価も大きく変わります。

 

 

また、どこの住宅メーカーでもそうですが、近年の建築資材高騰により坪単価なども徐々に上がってきています。

他の住宅会社と比べると?

 

ローコストを売りにしている住宅メーカーの坪単価平均が約50~60万円、平均的な住宅メーカーが約60~70万円であるのに比べると、確かに少し高めです。

 

 

しかし、坪単価を計算をする際、延べ床面積で割るか、施工面積で割るかによっても坪単価は変わってきます。

 

 

なので、同じ計算をすると大和ハウスのほうが安かったということもありますし、一部の高額住宅メーカーよりは若干安い傾向にあります。

【2019】大和ハウスで実際にかかる費用

 

家を建てる際、実際にかかる費用として例をあげると、定番のxevo E(施工面積45.47坪、延床面積42.71坪)の場合、

・建物標準本体工事価格:2855万円(坪単価62万7千円)

・値引き後の建物本体標準工事価格:2704万9千円(坪単価59万4千円)

・追加変更工事費:338万8千円

・その他の建物本体工事価格:125万7千円

・付帯工事費:576万6120円

などの費用がかかります。

 

 

長期優良住宅割引として、

・固定資産税軽減

・不動産取得税軽減

・住宅ローン減税拡大

・登録免許税軽減

・フラット35S金利優遇

がうけられたりしますが、申請にかかる手続き費用もかかります。

【2019】大和ハウスで値引きはできる?

 

結論から言うと、大和ハウスで値引きはできます!

 

 

多くの住宅メーカーでも3~8%ほどの割引はしてもらえますが、大和ハウスでは約10%の値引き交渉の余地がありますし、実際に15%下がったという人もいます。

 

 

値引き交渉するにあたって、他社との競争が営業マンの値引きを引き出すのに一番大きく、同じ工法や似た価格帯のメーカーを比較して契約直前に交渉すると、値引き成功率も値引き率も上がりやすいです。

まとめ

 

価格重視の人には少し高く思えるかもしれませんが、大きな値引きをしてくれたり、金額に見合うしっかりとした素敵な家を、建てることができるダイワハウス。

 

 

長い歴史の中で時代に見合うように、変化していった会社だからこそおける信頼もあります。

 

 

一生ものの大きな買い物なので、後悔しないよう住宅会社を選び、素敵な家を建ててくださいね♪

-お金のこと

Copyright© 大和ハウスの教科書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.